fc2ブログ

もりのやまねの庭ぐらし~奥武蔵編~

自然の中で、小さな庭の日々のくらし、家族の記録…

晩秋のお庭

ちょっと前のことになってしまいますが…
今日は、記録を兼ねて11月のお庭の様子をご紹介します。

201111ガーデン1
11月初旬のお庭(2011.11.03撮影)
ブルーベリーが紅葉を始めています。
その下のクリスマスローズも成長期を迎え、葉も生き生きとしています。
この後、このブルーベリーは掘り上げて友人のお庭へお嫁入り(この様子はまりさんのblogでご紹介いただいてます)。
クリスマスローズも掘り上げて株分けをしました。

手前の緑の低木は、黄金シモツケ‘レインボー’。その奥に紅メギ‘ローズグロー’もちらりと見えています。どちらも、これから見事な紅葉が見られます。

その左側に、万両が緑色の実をたわわにつけています。これから赤く色づくのが楽しみです。

ブルーベリーの紅葉の様子はこちら
クリスマスローズの株分けの様子はこちら


11月のお庭に咲いていたお花を一気に。

201110アスター
201111アスター
コンギク?(撮影:上2011.10.19、下2011.11.03)
宿根アスターの一種だと思います。咲き始めが白で徐々に紫色が濃くなる美しい花です。
庭が寂しくなるこの時期に、とても鮮やかに咲いてくれて、長く楽しませてもらいました。
とても清楚なイメージで、和風のしつらえにピッタリな感じです。

かなり強健で、地下茎でどんどん増えるので、花後かなり抜き去りました。
それでも、毎年思いがけないところから芽を出すタフな子です。


201111ランタナ
ランタナ(2011.11.01撮影)
別名七変化。名前の通り、咲き始めから咲き終わりまでの色の変化が楽しめる花です。
もともと黄~ピンク系の花色だったのですが、気温の降下とともに濃い赤色に変化しました。
気温差による色の変化も楽しめる、まさに七変化ですね。

ちなみに、夏のランタナはこんな色でした。(2011.08.26撮影)
201108ランタナ



201112ゼラニウム
ゼラニウム(2011.12.04撮影)
手に入れてから5年以上は経つ古株です。戸外でも毎年無事に冬越ししています。
夏にお休みしていた開花が再開して、たくさん咲きそろいました。
この花も気温が下がると花の色が鮮やかになり、強い霜が降りるまでのしばらくの間が一番美しい時期となります。寒さに当たると葉の色の変化も楽しめます。


201111ヒメツルソバ
ヒメツルソバ(2011.11.03撮影)
別名ポリゴナム。ピンクの金平糖のような花がかわいい宿根草です。
暑さ寒さに強く、こぼれ種でどんどん増え、1年でピンクの絨毯が出来上がります。
気温が下がると紅葉も楽しめるので、かなり優秀なグランドカバーだと思います。




寒さとともに、彩りがさみしくなる冬の庭
冬支度の様子など、また紹介していきますね。




いつもご覧いただきありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/12/06 20:15 ] 草花 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する